起業コミュニティ


実際のところ、「自分でビジネスを始める」ということに関しては勇気が必要だと思うのです。色んな人がホリエモンの本とかを読んでホリエモンのTwitterに良かったと送ってコネを作ろうと必死なのです。でも、ホリエモンにリツイートしてもらったくらいでは、その人に価値は生まれません。そういう人を見ると、なんて空しいことをしてるんだろうなあ、と思います。

じゃあ、私がそういうことを考えていないかというとNOなのです。コネを作れば起業を考えるにしても心強いだろうな、とは思います。でも、結局起業するためにはアイデアが必要なわけです。もちろん、人材派遣とかを何も考えずスタートできるような脳筋なら、全然問題なくやれるんでしょう。でも、普通の人は、やっぱり起業するには、何かアイデアがあって、それを実現するという目標を持ってやるんだと思います。

そのアイデアを語りあう人、というのがいるとこれまた心強いなと思うのです。それがホリエモンだったりする人もいるのでしょう。でも、一般人が相談するったって真剣に対応するわけない気がします。ホリエモンはそれを仕事にしてたりするわけだから、お金だって発生するだろうし。

他にも、起業相談をしてる人はいっぱいいますが、たいていがそれをビジネスとしてるわけです。そして教えてもらえるのは、競合のいっぱいある変哲もないビジネスで、やり始めた人は結局鳴かず飛ばず、ってのはよくある話です。

やっぱり、起業するためには、自分に独自のビジネスを思いつくところから始めないとダメだと思うんです。実際、僕もタニタ食堂が流行ったころに栄養を中心としたメニューを提供するサイトができたらいいなあ、と思ったら、COOKPADみたいな大手は一瞬でそういうのを実現しちゃうわけです。他にも色々考えることはあるのだけれど、種のままなわけです。

そういうときにふと思うのです。ビジネスアイデアについて語れる「信用できる」仲間が欲しいな、と。アイデアって、話してしまえばいくらでも盗めちゃうわけです。それをきっかけに聞いた人がちょっと変えて実行しても文句は言えないわけです。そのためにも、「信用できる」仲間が欲しいな、と思うのです。

逆に、ありふれたビジネスでも、仲間と一緒ならちょっとしたコンテンツのひねりで台頭できる可能性だってあるわけです。例えば、輸入業なんてのは、海外のとある街で見つけた商品がいいと思えば、それを交渉して日本で売ればよいわけです。問題はその商品というコンテンツ選び。でも、そういうのは、一人でやるとなると、なんか心細いですよね。色んな競争相手がいる中で、真正面から競争しなくてはならないわけだから。そういう、仲間の形ってのもありですよね。

まあ、何が言いたいかというと、誰か起業フレンドになってくれませんか、ということです(笑)どうせアクセス数も少ない始めたばかりのブログで書いてても仕方ないんですが、とりあえず起業について考えてるっていう人、コメントくれたら喜びます!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする