数学の基本


私の専門は天文学です。天文学のことを知るには、数学について知っておくことは必須です。そもそも数学っていっても、なにをすればいいの?どんな分野があるの?という基本的なことから記事にしたいと思います。

数学、と一言に行ってもいろんな分野があります。このブログでは、まず「物理や統計学に必要な数学」に絞ってお話ししていきたいと思います。

まず、小学生の頃は何を習いましたか?基本的には四則演算ですよね。 +, - , \times , \div を使った計算です。その中には分数や小数もありました。この辺で躓いた方、ドリルをやり直す必要があります。

次に、中学校。方程式って出てきましたよね。関数って出てきましたよね。図形の基本が出てきましたよね。ここらへんで躓いた方、大丈夫です。これから、私のサイトを読んでいただければ徐々に理解できると思います。

さらに、高校。方程式も複雑になり、図形も複雑になり、なにより微分・積分というのが出てきましたよね。ここらへんで躓いた方、大丈夫です。大学で高校の数学をやってるところもいっぱいあります。大学で中学生レベルの数学を教えるところもあるくらいですから。ぜひ、このサイトをチェックしてくださいね。

最後に、大学。範囲が広すぎてよくわからないですね(笑)大きく分けて以下のものがあります。

・微分積分・微分方程式などの解析学
・行列・ベクトルなどの代数学
・ちょっと別枠で考えたい複素関数
・最近、人工知能とかで使われたりするフーリエ解析
・確率・統計

いかがですか?イメージの湧くものがありますか?このブログでは、管理人が暇を見つけては、数学についての記事を書きます。これは、管理人の復讐の・・・いや復習のためでもあるので、簡単すぎるところは端折って書くこともあると思いますが、質問はコメントで受け付けていますので、ぜひちょいちょい見に来てくださいね。

最初は、解析学の基本になる「極限」について書こうかな、と思ってます。いつになるかはわかりませんが、気長にチェックしてください!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする