財布をなくして動けない!?


先日、英検の受験に行ったのですが。

自宅の最寄駅からSuicaで電車に乗って会場の最寄駅につきました。

(会場につく前にコンビニで朝ごはんを買っていこう)

と思った私は、カバンの中から財布を探そうとしました。

(あれ?財布がない?)

そうです。財布を忘れてしまったのです。

Suicaの中に入ってる金額も500円程度で、帰るお金が足りるのかもわからない状態。焦りまくりました。

それに、英検の受験に必要な免許証も財布の中。これは絶望的・・・と思いながら会場に向かいました。

まず、英検に関して。英検は、運転免許証などの証明書を忘れても書類を書けば受けさせてもらえます。ただし、これは第1次試験のみで、第2次試験は駄目だそうです。忘れたからと言って、あきらめずに会場に行きましょう。

そして、試験終了後、今度は帰るお金が足りるのか、という中で。交番に行けば貸してくれるという話を聞いたことがありました。なので、いざとなれば借りるという手を考えて調べてみました。

交番はお金を貸してくれますが、普通に貸してください、といって貸してくれるわけではありません。基本的には、盗難や落とし物をして、お金がない場合に、1000円だけ借りることができるらしいです。

つまり、財布を忘れてきたのでお金を貸してください、では貸してくれません。財布を落としたのでお金を貸してください、なら1000円まで貸してくれます。上限は1000円なので、気を付けてください。

そんな私は、ギリギリ足りましたので、交番のお世話になることはなかったのですが、こんどこういうことがあったら、借りに行こうと思います。

でも、遠くの交番だと、返しに行く交通費が損だからやめたほうがいいかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Hi, after reading this remarkable piece of writing i am too delighted to share my familiarity here with friends.