仮想通貨採掘企業上場だって


この意味が分かる人ってあまりいないんじゃないかなあ?

仮想通貨の調査をしてきた僕にはわかるのであるが。
ここで細かい説明をしようとは全く思っていない。

知りたい人は、ホリエモンのこういう本を読むのがよいと思われます。

でですね。そもそも仮想通貨ってのは、お金をデータとして扱おうという考えなわけです。
でもね、この前の事件の通り、データは消える可能性があるわけです。

紙のお金がなくなれば、なんとなーく足がついてたものが、データでは足がつかなかったり。
ちょっと怖いよね。

つまり、このちょっと怖いよねがある限り、仮想通貨への完全移行はかなり遠い未来だと思うよ。
やっぱり現金と同価値のプリペイドカードくらいがしばらく続くと思う。

もちろん、投機目的としては、仮想通貨もまあいいんだけどね。
僕も自宅のパソコンにビットコインのプログラムを入れて採掘してました。

1ビットコインたりとも入ってきませんでしたが!

まあ、この上場企業たちがすごいマシンでバリバリ計算してるんでしょう。
僕も安かったころにビットコインに目をつけてたのだけど、ビットコインを買う金がなかったのです。
何事も元手がいるという点では、貧乏はより貧乏に、金持ちはより金持ちに、という構図はなかなか消せないですなあ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする